debby's note

debbyのおと+α・・・

2007.02 «  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  » 2007.04

気分転換に


「debby's note」のタイトル文字を変えました。
昨日が初夏のような陽気だったので「夏向き」仕様。

よしよし…と思っていたら、
本日からは平年並みの気温になり、
気象情報のテレビ画面では傘マークがいくつも。

ちょっと気が早すぎた。。。
  1. 2007.03.30 |
  2. note |
  3. Comment: 2 |
  4. Trackback: 0 |
  5. △TOPへ

昭和の星が…


またひとつ、舞台を去ってしまいました。
植木等さん。
新聞に「まじめに無責任」を演じ続けたとありましたが、
まさにそうですね。

何もすることがない休日の昼下がり、
我が家では「無責任シリーズ」にチャンネルをあわせて、
環境ビデオのように流していることもよくありました。

スイッチONとOFFのギャップはその映像の面白さでもありましたが、
現実のご本人の「真面目さ」と「不真面目振り」のギャップは
その何倍もだったのだと思います。

ご冥福をお祈りしています。
そして‘あっち’にいったら、また思う存分+と-を駆使してください。
  1. 2007.03.28 |
  2. note |
  3. Comment: 2 |
  4. Trackback: 0 |
  5. △TOPへ

咲きましたね!


sakura

東京のソメイヨシノ、20日に開花宣言しました。
といっても気象庁の標準木は都心にあるので、
我が家の近辺では無理かなぁ、と思いつつ、
春分の日の21日に観に行った近くでもほころび始めていました。
やはり、早かったですね、今年の桜。

これで一気に春爛漫になってくれて、
ついでに花粉も収まってくれれば、嬉しいのですが、
今日も、かなり飛んでいるようです。。。

  1. 2007.03.23 |
  2. photograph |
  3. Comment: 3 |
  4. Trackback: 0 |
  5. △TOPへ

あと少し…


kanhizakura

すっかり足踏み状態の春。
昨日、散歩に出かけた桜が有名な公園のソメイヨシノも
まだまだつぼみはしっかり固くて、
ここが‘さくらいろ’に染まるのはいったいいつになるのか、
想像することができないくらい。
でも、寒緋桜は満開でしたから、
もうすぐですよね、
  1. 2007.03.19 |
  2. photograph |
  3. Comment: 2 |
  4. Trackback: 0 |
  5. △TOPへ

甘くて残酷な思春期の物語(公式サイトより)


harunomezame

「春のめざめ」

油絵具の乾きにくいという特性を生かして、
アクリル版の上に絵を描いては一コマ撮影。
動きに合わせて、すばやく絵を修正して、また一コマ。
この気の遠くなるような繰り返しで、
流れるような印象派タッチの、夢のようなアニメーションができ上がります。

テレビで紹介されたときから、気になっていましたが、
明日17日から公開されます。
ただし、東京・渋谷での単館上映。
う~ん、もったいないなぁ。

最近の映画の公開は、
大作とか、主演俳優の知名度が高いだけで、
全国のあらゆるところで同時に
いくつかの限られた映画に占有されてしまい、
小品・佳作といわれる作品は
ひっそり、単館か数カ所での上映のみ、
ということが多くなってますね。
ま、その傾向は今に始まったのではないけれど、
この「一気にあらゆるところで」というのが目に付くんでしょう。

シネコンが増えてきたので、
遠くまで出かけなくても、映画を見に行くチャンスは確実に増えています。
でも、観たいな~と思う映画は何故か近くではなかなかやってくれない。
このアンバランス、仕方ないんでしょうかね。

はなしを元に戻して、、、
青春時代のほろ苦い初恋(たぶん)の心象風景が、
甘く移ろいゆく油彩画にどう写し取られていくのか楽しみ。

同時上映は「岸辺のふたり」
こちらをまだご覧になっていらっしゃらない方
行ってみませんか?

公式サイトはここ

  1. 2007.03.16 |
  2. movie |
  3. Comment: 6 |
  4. Trackback: 0 |
  5. △TOPへ

今さらですが…


東京に初雪が降りました。
観測史上最も遅い初雪。
暦の上ではこの冬には雪がなかったことではありますが、
ここのところは、キーンと寒い日々が続いているので、
日射しは春でも、気分は真冬のまま。

最初の桜の開花予想が発表されたときも、
そんな早いのピンと来ないなと思ってました。
これで、もう少し遅れそうです。

かつて、桜が咲いているときに雪が降ったことがあり、
春の雪の重みで折れてしまった枝を自宅に持ち帰って、
雪見酒+花見をしたことを思い出しました。
今年も、そんなことあるかもしれませんね。

  1. 2007.03.16 |
  2. note |
  3. Comment: 0 |
  4. Trackback: 0 |
  5. △TOPへ

遺作となってしまいました…


PRAIRIE_HOME

「A PRAIRIE HOME COMPANION」
「今宵、フィッツジェラルド劇場で」


アカデミーの監督賞に5回ノミネート、受賞歴はナシ。
でも「M★A★S★H」でカンヌのパルムドール、
「ショートカッツ」でヴェネチアの金獅子賞を獲るなど、
そっちの方がハリウッドの異端児アルトマンらしい気がします。
ようやく、2006年に
長年の功績を讃えて名誉賞をアカデーミー協会から名誉賞を与えられましたが、
残念な事に、昨年11月に亡くなったので、
これが遺作となってしまいました。

とくに、彼のアンサンブル・スタイルの群像劇は
まるで舞台を観ているような、
万華鏡の世界が繰り広げられて、
いつのまにか、観ている私自身も登場人物のひとりになってしまったような、
錯覚に陥ります。

「今宵、フィッツジェラルド劇場で」も、
登場人物が行き交う、流れる続けるカメラワーク。
鏡やガラスへの映り込みで、幾重にも像が動き回る。
消え去ろうとしている物への哀愁や、ペーソス。
決して大作ではありませんが、
観た後に、
アルトマンらしい小気味の良い、そして少しいたずらっ子っぽい
集大成映画だったのかもしれない、
と思わせてくれました。

なんて、知ったようなこと書いてますが、
全作観てる訳ではないので、はなし半分に聴いてください。

――老人の死は悲劇ではない
と告げる天使のことばが、
そのままアルトマンに捧げることばになっているのも、
不思議な巡り合わせ。
まるで、予感があったようにさえ思えます。
  1. 2007.03.14 |
  2. movie |
  3. Comment: 0 |
  4. Trackback: 0 |
  5. △TOPへ

PUZZLE


KESHIQ

KESHIQ

締め切りがいくつか重なってしまい、毎日青息吐息。
更新が滞っていて、すみませんm(_ _)m

こう忙しい日々が続くと、金属疲労ならぬ、
すっかり脳のシワが伸び切ってしまって、
何も浮かんでこない真っ白な空間のみ。
手がかりを探ろうにも、かけらも見つけられない…

そんなときには、何も考えずに手を動かすことがいい。
と、掃除なんかを始める方もいらっしゃるでしょうけれど、
私の場合は、何故かパズル。
(ということは、部屋は語れない状態のままということです、はい)

受験勉強をしなければならなかった、あの頃も
ちょっとのつもりが、いつのまにかパズルに没頭していて、
親を嘆かせたものです。

最近手に入れたのが、このパズル。
実は消しゴムです。
消しゴムとしても、
角がたくさんあるので、細かいところを消しやすい。
素材もエコを意識して、非塩化ビニル素材の合成ゴムという、
ちょっとすぐれもの。

これで凝り固まった頭が解きほぐれるといいのですが…
  1. 2007.03.12 |
  2. goods |
  3. Comment: 4 |
  4. Trackback: 0 |
  5. △TOPへ

おとなのショート・アニメ


le_moine

「お坊さんとさかな」

「岸辺のふたり」の舌を噛みそうなマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督作品。
一匹のさかなを追いかけて、
どこまでも、夜になっても、果てしなく進むお坊さん。
コミカルな動きの可笑しみもあり、不思議な余韻が残る作品です。
この「お坊さんとさかな」をはじめ、
アート・アニメの10作品が
カートゥーン・ネットワーク「ミッドナイト」で放映されていました。。。
そうなんです、気がついた時には始まっていて、
途中からしか観られませんでした。
これだけの本数がまとまって放映されることはめったにないので、
早く気がつけば良かった。

  1. 2007.03.04 |
  2. movie |
  3. Comment: 2 |
  4. Trackback: 0 |
  5. △TOPへ

春の香り…


blossomdearie

「Blossom Dearie」ブロッサム・ディアリー

ウィスパー・ボイスで、ふんわりと頼りなげな歌い方なんですけどね。
キュートでヨーロッパ的(フランス録音ですから)な匂いが好きで、
一時、よく聴いていたアルバム。

空気に春の香りが感じられるけれど、
気温はこれから追いついてくるような、
今時分に聴くのに、
このゆるさ加減が似合いそう。

彼女の歌を聴いていると、
自分まで、ちょっとは可愛くなったような気もする、かな。

実は、彼女がJAZZ歌手であることを再認識させた名盤らしい。
そういえば、バックメンバーも超豪華。
私は、単純にジャケ買いでしたが、
アタリだったんですね!

勉強をするがのごとく聴く「JAZZ」はどうも…の人にもお薦めです。
  1. 2007.03.02 |
  2. music |
  3. Comment: 0 |
  4. Trackback: 0 |
  5. △TOPへ

ブログ内検索


profile

でびぃ<debby>

Author:でびぃ<debby>
FC2ブログへようこそ!
更新まちまちの、雑記です。

categories

recent entries

Tree-Comment

recent trackback

archives

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

クリック募金

クリックで救える命がある。

RSSフィード

links

このブログをリンクに追加する

popIn

Made on a Mac

madeonamac

Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されている Apple Computer, Inc.の商標です。 Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。