debby's note

debbyのおと+α・・・

2008.02 «  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  » 2008.04

色満ちる


ただいま満開

2008sakura_01

2008sakura_02

  1. 2008.03.30 |
  2. photograph |
  3. Comment: 0 |
  4. Trackback: 0 |
  5. △TOPへ

春色


2008a_sakura

春よ 来い
ここにも 君の空にも

ひそやかに 淡き光で
包み込んでおくれ
  1. 2008.03.28 |
  2. photograph |
  3. Comment: 2 |
  4. Trackback: 0 |
  5. △TOPへ

遅れてきた 涙雨


いま君の上は 暝い空に覆われ
出口も見つけられず
闇に閉ざされているかもしれない

いま君は 暝い海にひとり
漕ぎ手のない小舟で
漂っているのかもしれない

煌めく星たちが
いつでも その向こうにあるように
輝く海が
いまでも その下にあるように

佇む君にも
夜のベールは 静かにすべてを包み込んで
いつしか 
眩い明日へと 溶かしてゆく

ツキアカリは 
いまは君に届かないかもしれない
でも
暝い夜はやがて ゆっくりあけてゆき
輝く朝日を 迎える日がくるだろう

ただ君がそこにいるのなら
遥か彼方から そっと見守り続けたい


↓ではコメントをお受けする余裕がなくて、
ご心配おかけしてると思います。

まだ、想いは千々に乱れていますが、
いまは静かに見守り、待つことしかできないのだと
思えるようになっています。

  1. 2008.03.24 |
  2. note |
  3. Comment: 2 |
  4. △TOPへ

・・・


心より、ご冥福をお祈りします。
突然の弟さんの訃報に接し、慎んで哀悼の意をこめておくります。


「Amazing Grace」 Judy Collins and the choir
  1. 2008.03.21 |
  2. note |
  3. △TOPへ

妖精?


bottle_spirit

棲息地は水のなか
浮き上がったり沈んだり、気ままにダンス(するはず)

春の雨というには
少し冷たい雨の朝です。
ラストプレイを楽しみにしていたけれど、
どうしよう・・・
  1. 2008.03.20 |
  2. goods |
  3. Comment: 0 |
  4. Trackback: 0 |
  5. △TOPへ

季節モノ


sakurahashioki

だいぶ暖かくなってきました。
お買い物コースでひときわ鮮やかに
寒緋桜が咲きはじめていたので、
さくら、もうすぐです。

この時期にしか使えないということで、
↑少し早めに登場させました。
  1. 2008.03.16 |
  2. goods |
  3. Comment: 4 |
  4. Trackback: 0 |
  5. △TOPへ

作業はつづく・・・


退院してきたMacは、
とりあえず使える程度まではセッティングしたところで、
その後の嵐のようなスケジュールのため、
そのまま放置状態。

ひと息つけたので、
少しずつ、保存できていたデータを戻しつつ、
バージョンを上げたアプリケーションもインストールし始めました。

問題は、
どこに何のファイルが???をどのように交通整理するかです。
(と、書いているくらいだから、すでに諦めかけている…)
まぁ、ちょうど良いチャンスなので、
手始めに、写真データを整理し始めました。

いや~、こんなショット取っといても…の多さに
苦笑を通り越して、絶望的。
試しに載せちゃおうか!は
自虐的すぎるので、却下。

        こんな気分か…↓

Voodo_knife

にしても、考えるのはともかくも、
商品化してしまうというのが、
日常的に遊び心たっぷりのラテン系イタリア。(ただし中国製)

ネーミングからしてコワイ
「Voodo ナイフスタンド」

ちょっと変わったモノ好きでも、
さすがにこれは持っていません。
  1. 2008.03.12 |
  2. note |
  3. Comment: 8 |
  4. Trackback: 0 |
  5. △TOPへ

天才は…


080308

急に取材が入ってしまったので、かわりに行って
と半分押しつけられた、
クラシックコンサートに行ってきました。

遅くまで目一杯仕事する日々が続いていたうえ、
プログラムがベートーヴェンの6番となったら、
これは絶対寝るぞ~と案じていた通り、
気持~ちよくなること何度も。

前から2番目だったんですが…

小学校のころ、音楽で
レコード鑑賞の感想を書くという授業があり、
「田園」のときは、
緑深い森の中をどんどん進んでいく情景、小川のせせらぎ、
その森の上空を飛んでいくような疑似体験をしていくようなことを、
演奏の間、ほとんど途切れなく書き綴って、
もしかして、私は天才かも!と思いましたが、
天才は私ではなく、作曲家と演奏家たちだったんですよね。
あたりまえ。

久しぶりに聴いてみても、
同じように、情景が次々浮かびましたが、
これって、もしかしたら「ファンタジア」の記憶が重なっているのかも。

東京ディズニーリゾート25周年アニバーサリーで
ディズニーフィルムセレクションの中に「ファンタジア」も当然あります。
いまどき貴重なレーザーディスクで持っていますが、
大画面でもう一度観たい作品です。
  1. 2008.03.09 |
  2. note |
  3. Comment: 0 |
  4. Trackback: 0 |
  5. △TOPへ

ただ 君がそこにいるのなら


tsukiakari

「ツキアカリ」

実際の本人は、
スポーツカーに乗り、スケートボートスノーボードをする、
ラフな格好しかしないどこにでもいる青年ですが、
イメージはあくまで‘物静か’‘悲恋’、‘月’が似合う。
そんな彼らしいアルバムタイトル。

課題だった「ツ」
もともと、母国語にない発音だから、難しいんでしょう。
今回は、合格点かな。
(甘い点になるのは、ご勘弁を…)
この、包み込むような声が私にとってはポイントのひとつ。
ソニーのサイトで視聴ができるようになりました→ここ

掟破りのアップですが、
決まりは破られるためにあることですし、
第一、それを決めたのが他ならぬ私自身。
たまには、自分に正直になるのも、いいかと…(笑)
  1. 2008.03.08 |
  2. music |
  3. Comment: 4 |
  4. Trackback: 0 |
  5. △TOPへ

あれやこれやで


すっかり、ここがお留守状態になってしまいました。

ブログサーバーの障害に始まり、Mac絶不調、そして入院と
2月後半は、やれやれの日々でしたが、
その不穏な(?)流れを引きずるように
ただでさえバッチリ重なっていた締め切りの
原稿が夜になっても手に入らないことの方が多くなり、
結果、つじつま合わせのため
夜な夜な、仕事に忙殺されていました。

ようやく、二つの締め切りを越えたので、
少しだけ早く家にたどりつけました。
といっても、また他の締め切りが…

仕事柄、年度末は関係ないのに、
なぜこうも重なるのか。

暇なときは、日向ぼっこの猫のように
とろ~んとした‘とき’の流れなのに。
一端、スケジュールが詰まり始めると、
底なし沼(?)、アリ地獄(?)から抜け出るために
120%の出力で駈け続けなければならない。。。

さすがに、今回は疲労が澱のように積もって、
誰かに当たり散らしたくもなりそう。

そういうときは、猫でもいてくれたらね。
    けっ飛ばすなんてことは、思っていませんから、
    ご心配なきように(苦笑)

たぶん、いまの私はこんな顔していそうだ↓

080306

  1. 2008.03.06 |
  2. note |
  3. Comment: 2 |
  4. Trackback: 0 |
  5. △TOPへ

ブログ内検索


profile

でびぃ<debby>

Author:でびぃ<debby>
FC2ブログへようこそ!
更新まちまちの、雑記です。

categories

recent entries

Tree-Comment

recent trackback

archives

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

クリック募金

クリックで救える命がある。

RSSフィード

links

このブログをリンクに追加する

popIn

Made on a Mac

madeonamac

Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されている Apple Computer, Inc.の商標です。 Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。