debby's note

debbyのおと+α・・・

2019.12 «  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  » 2020.02

繋がること、繋げて行くこと


anatagasekaiwokaeruhi

「あなたが世界を変える日―12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチ」

ちょんちゃんが、とてもいいスピーチを教えてくれました。

ブラジルのリオで環境サミットが開かれて、すでに15年。
私たち大人は、何も変えることができていません。

毎年のように酷暑に喘ぎ、何かが壊れていくことを気づいているのに、
ひとつとして能動的に何かをしてきたんだろうか。。。
私が好きなオーストラリアでは干ばつが何年も続き、
メルボルン五輪で使われたボート競技の湖も干上がってしまった。
人間が持ち込んだ豚が野生化して、豊かな森を荒らしている。
いったん、自然が壊れ出すと、そのスピードは驚くほど早くて、
気づいたときには人間の手に負えないようになっていることが多い。

あれから15年。
もう取り返したつかないものもあるだろうけれど、
まだ間に合う。

スピーチが本になっていることも知りました。
こちらも読んでみます。
そして、何かを始めないと。
  1. 2007.05.11 |
  2. note |
  3. Comment: 7 |
  4. Trackback: 0 |
  5. △TOPへ

Comments

本も、あったんだ!

さすが、でびぃさんだわぁ~。
本が出ていたとは、知りませんでした。

この頃、思うのだけど、
出会いと気づくことが、生きていく上で
とても大切なんじゃないのかって・・・・。

出逢って気付いたのだから、
やはり何か始めないと!ですね。
  1. 2007.05.11 |
  2. ちょんちゃん #XYnp61DM
  3. URL
  4. [Edit]

子供たちが描いたイラスト入りのようです

こちらこそ~m(_ _)m
‘出会った’‘気づいた’
そのかけがえのないチャンスを掴まないと、
勿体ないと思います。

出がけにあたふたして投稿したので、誤字が…
>もう取り返したつかないものもあるだろうけれど、
って!!
もう取り返しがつかないものもあるだろうけれど、
です。
あはは、情けない。。。

アフィリエイトしてないのでリンクは貼りませんでしたが、
本はamazonで手に入ります。
  1. 2007.05.11 |
  2. でびぃ<debby> #/3pZbihQ
  3. URL
  4. [Edit]

編・訳のナマケモノ倶楽部、どこかでみかけたなぁ、と思ったら

その1 雑誌「ソトコト」にしばしば登場する辻信一さんの団体でした。
「ソトコト」をときどき読むようになったのは、ドンウォンくんの写真集をコーディネイトした祐真朋樹さんの連載ページがあり、ドンウォンくんが掲載されたから!

その2 先日お知らせした斎藤工くんのブログに「hummingbird」という日記があり、掲載されていたURLの事務局が辻信一さんのナマケモノ倶楽部でした。
セヴァンの名前も出てきました。
活動の主旨として、こんなお話を載せています。

南アメリカの先住民に伝わるハチドリの物語

あるとき森が燃えていました

森の生きものたちは
われ先にと逃げていきました

でもクリキンディという名のハチドリだけは
いったりきたり
口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは
火の上に落としていきます

動物たちがそれを見て
「そんなことをしていったい何になるんだ」
といって笑います

クリキンディはこう答えました
「私は私にできることをしているの」

斎藤くんはこれの英文を載せていました。


わたしにできるひとしずく、考えます。
出逢って気付いたのだから…

  1. 2007.05.11 |
  2. mori #mQop/nM.
  3. URL
  4. [Edit]

おはようございます

中国に行く度に色々考えさせられます。  13億人の大国、まだまだ田舎では川で洗濯をしたり共同井戸で食器や野菜を洗っていますが、大都市の車の洪水は目を見張るものがあります。

いろいろな先々で地球は病んでいると感じるきょうびですが個人で出来ることはなるべくしなくてはとますます思いました。
  1. 2007.05.12 |
  2. マイラ #nLnvUwLc
  3. URL
  4. [Edit]

いま私にできることから

ですね。
moriさん、「ハチドリのひとしずく」
その印象的なイラストゆえ、グッズにもなっていたように思います。
単に可愛いとか、フォークロア調(古い!)に惹かれて、
ファッション・アイテムとして使われてしまうのは、
少し抵抗がありますが、
グッズを買った人の心のどこかに「ひとしずく」が残れば、
いつかは芽を出すこともある、と思いたいです。
  韓流も、意外なところで役に立ってるんですよね~(笑)
  ドンウォンくんの素のときのナチュラルさ、いいです。
  ちょうど1年くらい前にでしたね、新木場は。

マイラさん、中国によく行かれるんですか?
広大かつ巨大な国家なので、
国の中で南北問題を抱えているようです。
技術力の発展など、眼を見張る物もありますが、
どうも、他人(周り)のことを思いやる(想像する)ことに欠けているのかもしれませんね、
韓国や日本にまで飛来するスモッグが心配になってくるほどですから。
  1. 2007.05.12 |
  2. でびぃ<debby> #/3pZbihQ
  3. URL
  4. [Edit]

記憶のそこから、

「ハチドリのひとしずく」のお話、浮かんできました。

moriさんどこで、聞いたか、読んだか、すっかり忘れておりますが、
このお話知っております。
その時は『あぁ~、いいお話だなぁ~』で、流していたと思います。

セヴァン・スズキのスピーチに出逢ったり、
ここで再び「ハチドリのひとしずく」のお話を目にするてことは、
私の中の何かよ、目覚めなさい!と、言われてるのかな・・・・。

自然いっぱいの所に住んでいると、季節がおかしいことを
草花や鳥たちが教えてくれます。

桜は何とか、例年のように開花したのですが、
今年は、さつきの花が不思議なほど咲かないのです。

いつもなら、あちらこちらで満開のさつきをめにするのですが、
花つきが悪く、花も小さいのです。
それから、あじさいのつぼみのつきも悪いのです。

そして、この時期どこでも見かけていた、
つばめをとんと、見かけなくなりました。

ただ、救いなのは、カラスの横行に恐れをなしていたスズメが、
この所、元気よく遊んでいる姿を、度々目にするようになったことです。

動植物は、人より素直で、けな気だから、
自然の影響を、より強く受けるのだろうと思います。
  1. 2007.05.12 |
  2. ちょんちゃん #XYnp61DM
  3. URL
  4. [Edit]

「自然」からの悲痛な喘ぎかもしれませんね。
舌を噛みそうな「サスティナビリティ」な生活
いまこそ、次に繋げて行くために考えなければならない
根っこのことです。

ちょんちゃん、そういえば我が家のまわりでつばめみかけません。
そのかわりに、こうもりは見るんですけれどね~。不思議。
  1. 2007.05.13 |
  2. でびぃ<debby> #/3pZbihQ
  3. URL
  4. [Edit]

Please Your Comment

 管理者にのみ表示する

ブログ内検索


profile

でびぃ<debby>

Author:でびぃ<debby>
FC2ブログへようこそ!
更新まちまちの、雑記です。

categories

recent entries

Tree-Comment

recent trackback

archives

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

クリック募金

クリックで救える命がある。

RSSフィード

links

このブログをリンクに追加する

popIn

Made on a Mac

madeonamac

Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されている Apple Computer, Inc.の商標です。 Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。