debby's note

debbyのおと+α・・・

2021.08 «  123456789101112131415161718192021222324252627282930  » 2021.10

ナチュラルウーマン


3gav_071112

12日に「3 Great American Voices」に行ってきました。
仕事が山場に入っていて、そんなことしている余裕なんてどこにあるの?でしたが、
このコンサートはどうしても行きたかったので、
その日は早めに上がるから!と宣言。
そう言ってしまえば、なんとかなるもんです。

行って良かった。
キッコーマンアメリカ進出50周年を記念してのスペシャルコンサート。
東京と大阪で5回公演があり、
日によって登場順・曲順が異なり、
12日はキャロル・キングがトップ。
続いてファーギー、トリをメアリー・J・ブライジ。

ステージにはポツンとグランドピアノ。
ピアノの上にスタンドの灯り。
す~っと登場したキャロル・キングがそのままピアノに向かって
静かにコンサートが始まりました。

しばらく聞いていなかったのに、
どの曲も、自然と歌詞が出てきて口ずさむことができます。
彼女の歌は
人を優しく包み込む圧倒的な力がありますね。

コンサートに行ってきたこともあり、
そのしわ寄せなどで、今週は夜まで仕事の日々になってしまいますが、
余韻がまだ身体のどこかに残っているので、
それを頼りに乗り切ろうっと。

続きを書きました。


会場を見渡すと、私より上の年代のご夫婦から、
高校生まで、実にさまざまな年齢の方。
明らかにキャロル・キングを聞きに来てる方は
ファーギーのパフォーマンスでダンサーがたくさん登場し、
その動きにびっくりして固まってるようでしたが、
ロック・バラードを歌うころには、
見かけと違う(?)上手さにすっかり聞き入っているようでした。
メアリ・J・ブライジも、パワフルで存在感が際立ち、
三人それぞれの持ち味を堪能できるコンサート。
これで15000円は納得できるし、お得とさえ思える。
  それに比べると、滅多に会えない本人を見られるとはいっても、
  ファンミでの同金額は高すぎます。。。

このステージでのダンスを観ていると
動きが細胞レベルで記憶されたものからわき上がってきているとしか思えない。
どんなにハイレベルのステージでも、
アジア人のリズムをカウントとっている動きとは、
あきらかに別もの。
悲しいけれど、これだけは祖先を恨まずにはいられません。

それぞれのステージが約50分。
最後に、三人が揃って登場して
「ダンシング・イン・ザ・ストリート」でのせた後、
キャロル・キングがアレサ・フランクリンに送り、
メアリもカバーしていた「ナチュラル・ウーマン」
これを聞きたかったんです。

忙しいなか、充実したいい夜を過ごせました。
やはり‘生’に限りますね。

長々とおつきあいいただきありがとうございました。
  1. 2007.11.14 |
  2. note |
  3. Comment: 0 |
  4. Trackback: 0 |
  5. △TOPへ

Comments

Please Your Comment

 管理者にのみ表示する

ブログ内検索


profile

でびぃ<debby>

Author:でびぃ<debby>
FC2ブログへようこそ!
更新まちまちの、雑記です。

categories

recent entries

Tree-Comment

recent trackback

archives

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

クリック募金

クリックで救える命がある。

RSSフィード

links

このブログをリンクに追加する

popIn

Made on a Mac

madeonamac

Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されている Apple Computer, Inc.の商標です。 Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。