debby's note

debbyのおと+α・・・

2019.12 «  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  » 2020.02

おうちプラネタリウム


hoshi01

12月になりました。
今年のクリスマスプレゼントの隠れたヒットになりそうな、
家庭用光学式のプラネタリウム。

夜の地球を空から見ると、
日本列島はその形のままに光り輝いているんですから、
どこにいても、夜空の星は見えにくいはずです。
これでは、宇宙の深遠さに感激して科学者になりたい!と
思うこどもは出てきにくいですよね。

数年前、ウルル(エアーズロック)で星空観賞ツアーに行ったとき、
満点の星の中、乳白色の天の川が横たわるのを、
吸い込まれるように、息をするのも忘れるほど眺めました。
ここは、懐中電灯を消してしまうと、漆黒の闇。
隣に人がいるのさえわからないくらいで、
自分と空との距離感がずっと近く感じられました。
あそこで育ったら…と思う。



さて、↑の実際はどうなんでしょう。
きっと、これまで観たことのないくらいの星空が出現するんでしょう。
ちょっと欲しい。。。
でも、星空は、周囲の景色(見えないけれどね)と空気とセットじゃないと
とも思うし、
使ってないときに、如何にも「機器」に見えてしまうのが、
難点といえば難点。

なので、見つけてきました。
こちらは投影するのが目的ではないので、
そのままインテリアになりそう。
誰か買って!(笑)

hoshi02

  1. 2006.12.01 |
  2. note |
  3. Comment: 4 |
  4. Trackback: 0 |
  5. △TOPへ

Comments

こんばんは

でびぃさん、こちらでははじめまして。 
kikiさんのところでは何度かお話したことのあるマイラです。
どうぞ宜しくお願いします。

でびぃさんもうるるで星空をご覧になったのですね。
生憎私達が行った時は新月ではなく期待したほど天の川は綺麗に見られませんでした。 南十字星はしっかり見られました。

12月15日から日本橋のプラネタリウムで満天の星と北斎の世界が半年間上映されるのですよ。 
http://www.tfm.co.jp/star/

それではまた~


  1. 2006.12.05 |
  2. マイラ #nLnvUwLc
  3. URL
  4. [Edit]

ようこそ、マイラさん

ウルルのあたりは、まさしく地球の中心を感じられるところですね。
いつか、また行きたいと思っています。
(ただし、今度は登りませんけれど…)

プラネタリウム情報、ありがとうございます。
膨大な数の作品を残した「北斎」と満天の「星空」
会期が半年というのが嬉しいです。
是非、足を運んでみたいと思います。

話題に統一感がなく、ふらふら寄り道ばかりの「ここ」ですが、
これからも、よろしくお願いします。
  1. 2006.12.05 |
  2. でびぃ<debby> #/3pZbihQ
  3. URL
  4. [Edit]

プラネタリウムー大文字ー夏休みー金賞ーー幼馴染ー兄弟ーー田舎ー☆☆☆
と、連想ゲームのように、この言葉から、胸の奥が、ツンとする思い出が、湧き出てきます。
でびぃさんや、マイラさんのように、高尚ではないんですが...笑

マイラさん、、、↑亜門さん好きの私は、とても、興味が沸きました...
  1. 2006.12.09 |
  2. じぇん #-
  3. URL
  4. [Edit]

おとなの連想ですね。

じぇんさん、京のにほひがします。
さしずめ私だと
プラネタリウム―平原―風の音―滑空・・・
なんだか詩的じゃないです。。。
  1. 2006.12.11 |
  2. でびぃ<debby> #/3pZbihQ
  3. URL
  4. [Edit]

Please Your Comment

 管理者にのみ表示する

ブログ内検索


profile

でびぃ<debby>

Author:でびぃ<debby>
FC2ブログへようこそ!
更新まちまちの、雑記です。

categories

recent entries

Tree-Comment

recent trackback

archives

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

クリック募金

クリックで救える命がある。

RSSフィード

links

このブログをリンクに追加する

popIn

Made on a Mac

madeonamac

Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されている Apple Computer, Inc.の商標です。 Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。