debby's note

debbyのおと+α・・・

2019.12 «  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  » 2020.02

時計を止めるために・・・「不都合な真実」




まずは、ゴア氏がこんなに人を惹きつける語り口なのに驚きました。
どちらかというと、学者肌の堅い印象の人でしたから。
時折ユーモアを交えながら、分かりやすく説いていく。
彼の真摯で、力強く、かつ優しい姿は心を打ちます。

もしあのときに、この映画のような話し方で戦っていたら、、、
今とは違う世界が開かれていたかも、、、
と、思ったのは私だけではないはずです。

5分前まで針が進められた要因のひとつは「地球温暖化」です。
ゴア氏がこの問題に注目したのは、1960年代後半。
その後、一貫して環境問題に取り組んできて、
京都議定書の策定にも多くの力を注いできたそうです。

議定書に定められている削減目標が
1990年を基準にしてのマイナス目標であるため、
それより排出量が増加してしまっているところからのマイナスは、
かなり厳しい値です。
日本も遅ればせながら、2004年にようやく批准しました。

そして、
最大の二酸化炭素発生国であるアメリカ合衆国は
批准せぬまま、今に至っています。

そんなアメリカの、一瞬大統領になったゴア氏が、
世界中で環境問題のスライド講演をしているのを
ドキュメンタリーで追ったのが、
この映画「不都合な真実」

「温暖化防止」ということばは頻繁にみかけますし、
その防止策は・・・など、
あまりにもフツウの話題になっていて、
本当の現実を知らなかった。。。


映画はまず、
キリマンジャロやカナダなど、氷河が驚くほど短期間に減少していったのか、
映像を次々見せていきます。
実際並べられると、衝撃を受けます。
そして、何とかしないと…と思い始めさせます。

続いて、ハリケーンによる大水害の一方で大干ばつ見舞われる地域を映し出し、
ホッキョクグマが100キロも棚氷を探す旅をして…
と次々紹介していきます。

すでに「今そこにある危機」であることに
愕然とさせられます。

「地球に残された時間はわずか」
ひとりひとりの小さな努力を積み重ねることで、
地球の未来を救いたい。
それを、改めて感じさせてくれる映画でした。

10年ほど前、カナダのコロンビア大氷原に行ったことがあります。
氷河に向かって歩いていくと、
19○○年という標識が道のところどころに立っています。
氷河が溶けて、その先端が年々山の方に後退していくのを示していて、
その加速度的な減少に驚いたのを記憶していましたが、
事の深刻さを、その時には気づけませんでした。

この映画を観に行くのに、我が家は自転車を使いました。
少しはブレーキのお手伝いができた、気がしています。

長文駄文、
最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
これをお読みになったことが、
地球を救うきっかけの一助になれば幸いです。
映画の公式サイトには、
自分たちでできる提案が載っていますので、
合わせてご覧いただけると嬉しいです。

「地球に残された時間」を少しでも長くの願いを込めて。
  1. 2007.01.23 |
  2. movie |
  3. Comment: 4 |
  4. Trackback: 0 |
  5. △TOPへ

Comments

今年も宜しくお願いします

でびぃさん、おはようございます。

昨年末から私事で頗る忙しく書き込みはどこでも控えていたのですが「地球温暖化問題」は長い間我が家の感心事の一つ、ここ最近ず家人と交わす話題にもよく上りますのでのこのこと書き込みに出て参りました。

いつかは訪れたいと思っている海抜0mのモルディヴやバングラディッシュ、クリスマス島 etc.も温暖化で危機感がありますね。

我が家は3年前に車を手放しました。 もっぱら移動は公共の乗り物を利用しています。 

映画の公式サイトを見てまだまだ出来ることはあることを実感、
いつも心にかけていなければと改めて思い知らされました。
興味深い話題をありがとうございました。
  1. 2007.01.24 |
  2. マイラ #nLnvUwLc
  3. URL
  4. [Edit]

そうかぁ~・・・・

この暖冬や頻繁に起こる自然災害で、
この所、ものすごく危機感を持ち始めました。

公式サイト覗いてきました。
自分が出来ること結構あると、目からウロコです。

マイラさんは、車の無い生活ですかぁ~。
うちは田舎だから、車無いと仕事も生活も難しいなぁ・・・・。
歩いていけるところは、歩いて行く。
自転車で済むところは、車に乗らずに自転車使う事にします。

まず、車に慣れた自分の意識改革から、始めねば!です。
  1. 2007.01.24 |
  2. ちょんちゃん #XYnp61DM
  3. URL
  4. [Edit]

お恥ずかしいことに。。。

シカゴ大学の時計もゴア氏の活動もここで読むまで知りませんでした。

あまりにもフツウの話題になっていて、
本当の現実を知らなかった。。。
このでびぃさんの言葉が痛かったです。
したり顔に温暖化・自然破壊のことを語り、でもやっぱり心のどこかでは人ごとだったとかな。
自分が今立っている地球の現実のことだとは思っていなかった。
誰かがどうにかしてくれるとも。。。

東京の海が今よりもっと汚かった頃、沖縄に行って海の綺麗さにショックを感じたことがありました。
地球の長い歴史にとっての一瞬で
日本人はあそこまで海を違う物にしたことに対してです。
あの時の気持ちをでびぃさんに思い出させてもらいました。
  1. 2007.01.24 |
  2. poppo #TN6meid.
  3. URL
  4. [Edit]

マイラさん、ちょんちゃん、poppoさん

コメントありがとうございました。
文章の調子も少し堅いし、おまけに長いし、最後までお読みいただけるのか、
書きながら心配でした。
だから、ちゃんと読んでいただけたことが、とても嬉しいです。

地球温暖化が抜き差しならぬ状態になっていることを
なんとかお伝えしなければ!
と映画を観てから、思っていましたので。

話題にも上げた、カナダで泊まったホテルでは、
いまでは当たり前になっている、
電球型蛍光灯を使い、取り替えて欲しいタオル類はバスタブに入れる、
ということをその時すでに実施していました。
目の前の氷河の後退を肌で感じて、危機感が強かったのだと思います。

我が家はクルマを持った事がありません。
電車でだいたいのところへは行けるから、というのが理由でしたが、
これからは積極的に持たない主義にしないといけませんね。
気になり出した健康のためにも、歩く&自転車。
まずは、これですね!

そして、映画も是非ご覧ください。
  1. 2007.01.24 |
  2. でびぃ<debby> #/3pZbihQ
  3. URL
  4. [Edit]

Please Your Comment

 管理者にのみ表示する

ブログ内検索


profile

でびぃ<debby>

Author:でびぃ<debby>
FC2ブログへようこそ!
更新まちまちの、雑記です。

categories

recent entries

Tree-Comment

recent trackback

archives

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

クリック募金

クリックで救える命がある。

RSSフィード

links

このブログをリンクに追加する

popIn

Made on a Mac

madeonamac

Mac、Macロゴは、米国およびその他の国で登録されている Apple Computer, Inc.の商標です。 Made on a MacバッジはApple Computer Inc.の商標であり、同社の許可により使用しています。